財産分与あるある 

???? Vol.56 ??????????????離婚をする場合は、夫婦で築いて来た財産、たとえば家や車、預貯金をどうするかで問題になることがあります。この場合は、それぞれの状況に応じて財産を分けることになり、これを財産分与といいます。大きく分けて3つの方法があります。
まず2人で公平に分配するもの、これを清算的財産分与といいます。これは離婚原因の有無は関係しないので、たとえば夫の不倫が原因で離婚する場合なども、夫の取り分は認められます。次に、離婚によってどちらかが経済的に窮地に立たされる場合、たとえ専業主婦が離婚して生活に困る場合などに取られるものとして、扶養的財産分与があります。これは、経済力がある夫が、妻に定期的に生活援助をするという、生活支援目的の分与です。
また、慰謝料的財産分与というのもあります。これは、慰謝料の分をまとめて分与してしまうもので、やや高額にはなりますが、別に慰謝料を払う必要が無くなります。有名人の離婚などで高額慰謝料が騒がれることがありますが、その場合の多くはこの方式で支払われているわけです。
また、結婚前から持っていた財産や、どちらかが親から譲り受けた財産、それから夫婦のどちらかが、自分の趣味やギャンブルで作った借金などは、財産分与の対象にはなりません。この点でトラブルが起きやすいので、それが心配な場合には、協議離婚であっても、弁護士に依頼するなどして、仲介してもらうといいでしょう。