扶養的財産分与について

???? Vol.56 ??????????????結婚生活中に夫婦で築いた財産を、離婚の際に分配することを財産分与といいます。これは、法律で認められた権利で、それぞれの貢献度に応じて分配します。財産分与は、大きく分けると、「清算的財産分与」、「扶養的財産分与」、「慰謝料的財産分与」の3種類に分かれます。
このうち「扶養的財産分与」とは、離婚後の生計を補助するという扶養の意味がある財産分与です。離婚の際に、一方が病気の場合や専業主婦の場合、高齢の場合などに認められることがあります。経済的に強い立場の配偶者が、離婚後も相手を扶養するために定期的に一定額を支払うケースが多く見られます。離婚後も双方に収入があり、生活に不安がない場合には、扶養的財産分与の問題はありません。夫婦の協力で築き上げた財産を共有財産として清算する「清算的財産分与」をなされても、さらに扶養の必要がある場合にのみ行われます。
扶養的財産分与は、生活の補助のために行われますので、自活できるまでという期間限定が原則です。生活費全額ではなく、一部を補助するケースが多く見られます。また、離婚の際に分配すべき財産がない場合でも、扶養的財産分与の必要があれば、離婚後の自分の収入や固有財産から与えなければいけません。

コメントは受け付けていません。