慰謝料的財産分与について 

慰謝料的財産分与と急にいわれても、ぴんと来ない方も多いかもしれません。ただ、慰謝料という言葉がついている以上、離婚に関係ある物なのかなと思う方は多いでしょう。正にその通りで、これは離婚に当たって、夫婦の財産を分ける場合の1つの方法です。
離婚をする場合に、それまで夫婦が一緒に築いてきた財産を分けることを財産分与といい、大きく分けて3つの方法があります。1つは清算的財産分与といって、全く平等に財産を分けるものです。これは、離婚原因がある方もハンディなしに財産を受け取れます。ですから、どちらかの不倫が原因で離婚という場合であっても、不倫を起こした方も平等に財産をもらえるわけです。それから、扶養的財産分与というものがあります。これは、離婚でどちらかが経済的に不利になることを念頭に置いたもので、たとえば離婚すると生活が苦しくなる専業主婦に、別れた夫が定期的に援助をする形の財産分与です。
そして慰謝料的財産分与ですが、これは財産分与と慰謝料を一緒に分与するものです。よく、有名人の離婚などで、高額の慰謝料が話題になることがありますが、多くの場合、この慰謝料的財産分与の方法で慰謝料を払っているため、金額が高くなっているのです。その代わり、財産分与と一緒に慰謝料を払ってしまえるというメリットがあります。

コメントは受け付けていません。