協議離婚における争いの焦点と調停について 

離婚を考えている、そのような場合はまず協議離婚をお勧めします。話し合いで解決する離婚のことで、経費や時間がかからないのがメリットです。しかし、離婚する場合は、当然ながら夫婦の双方が別れたがっていること、そして、争点がどのような点であるかも大事になって来ます。
たとえば、何となく性格が合わないからとか、嫌なことがあったからというだけでは、離婚の理由にはなりません。また、別れた場合の慰謝料や財産分与でも、すんなり合意に達しない場合もあります。特にお子さんがいる場合は、親権争いというトラブルが発生することもあります。この点をきちんとさせないと、協議離婚は成立しないので、気を付けるようにしてください。
どうしても協議がうまくまとまらない場合は、調停にゆだねるという方法もあります。調停離婚は家庭裁判所で行われ、夫婦が別居している場合は、申立をされた側の住所を管轄する家庭裁判所になります。ただし、最近では必ずしもそうでないこともあります。調停は第三者が行いますので、より客観的に状況を把握することができ、しかも意外と経費が掛からないのがメリットです。合意に達すると調書を作ってもらえます。この調書は法的効力が強く、従わない場合には強制執行が行われます。

コメントは受け付けていません。