共有財産の考え方とは 

???? Vol.56 ??????????????離婚をすることが決まった場合に、その取り扱い方に手間取ってしまうものとして財産分与の問題があります。この財産分与というものは離婚をすることが決まった夫婦が婚姻中に築いた財産を清算して分割することです。離婚時には慰謝料のことで頭が一杯になってしまいがちですが、この財産分与はたとえ離婚の原因を作ってしまった側であっても請求することができるものなので、万が一、離婚が決まった場合には財産分与について忘れないようにしておきたいものです。
この財産分与で分割できるのは夫婦が婚姻中に築き上げた財産が対象となっています。このような婚姻中に築き上げた財産のことを共有財産といいますが、この共有財産に関してはその所有名義が夫婦のどちらか一方のものであってもかまいません。たとえば銀行の預貯金の口座名義が夫や妻のどちらかの名義であったとしても、婚姻中に築いた預貯金である限りは夫婦が協力をし合って貯めたお金とみなすことができるため、離婚時の財産分与の対象となります。
ただし、夫婦が婚姻する以前にすでにあった預貯金などの財産については個人の努力によって貯めたお金であるので共有財産とはなりません。そのため、婚姻をする以前にすでに所有していた財産については離婚時の財産分与の対象となることはありません。

コメントは受け付けていません。