算定方法とその計算方法とは

財産分与は、共有財産をそれぞれの貢献度に応じて分配することです。法律にも財産分与を請求できると定められています。算定方法は、原則では二分の一のルールで計算をされます。算定方法は、夫婦生活が始まってからの財産を合算して、半分に分け合うのです。ポイントは、婚姻中にお互いが築いた財産が、共有財産の対象であるということです。結婚中に形成した共同財産を清算するのです。妻が職業をもっていない場合も同様です。夫の稼いだ財産は、妻の協力や貢献があって稼がれたものと判断されるためです。基本は、結婚以前に所得をした財産や相続財産は対象外です。しかし、当事者双方の事情を考慮して、支払い能力として影響を与えることもあります。財産分与は、慰謝料と合算して支払われる場合が多くあります。財産分与には一括支払いと、分割支払いがあります。支払いの期間や金額、また方法は具体的に決めておくことをおすすめします。夫婦の協議では決まらない場合もあります。その場合は、財産分与請求の調停を行います。それでも決まらない場合には、審判に移行することになります。婚姻中の財産は三種類に分類されます。そのうち、共有財産と、実質的共有財産が財産分与の対象です。

コメントは受け付けていません。