請求期間と税金の関わり方 

ソファー婚姻関係にある夫婦が離婚を決意した場合、財産分与という問題が起こってきます。この財産分与で得られるお金は離婚による慰謝料とは別に請求できる性質のものであるため、このことを知らずに離婚をしてしまった場合、本来であれば受け取れるはずのお金を受け取れないことになってしまうので注意が必要になってきます。
婚姻関係にある夫婦が共に生活を送り、その生活のなかで作った財産に関しては二人で共に作った共有財産という扱いになります。仮に夫婦が共働きであった場合には共有財産の権利はそれぞれ2分の1ずつ持っていることになります。どちらか一方が仕事をし、残りの一方が家事に専念していた場合でも収入を得ていた人が共有財産に対してすべての権利があるのではなく、収入のない人にも共有財産に対しての権利があります。
婚姻関係にあった夫婦が離婚をした場合、その時点で共有財産を財産分与するのが一般的ですが、なかには財産分与についてよく知らなかったなどの事情で離婚時に財産分与をしていないケースもあります。そのような場合でも財産分与の請求期間は離婚したときから2年以内となっているため、請求期間を過ぎていないのであれば離婚から日が経っていたとしても問題なく財産分与をすることが可能です。
財産分与をした場合、気をつけておきたいのが現金以外で財産分与をしたときには支払う側に譲渡税という税金が課税されてしまうということです。

コメントは受け付けていません。