対象外になる範囲について

???? Vol.56 ??????????????婚姻関係を継続している期間中に、夫婦が協力して築いた財産のことを「共有財産」といい、この定義にあてはまれば、たとえ預金通帳を作成する上での名義が夫または妻のいずれか一方のものになっていたとしても、それは形式上のものであって、実質的には共有の財産であると認識されます。そのため、離婚する際には夫婦それぞれの貢献度にもとづき財産分与の対象となります。
こうした財産分与の対象外となるものとして、「特有財産」と呼ばれるものがあります。これは夫または妻が婚姻前から所有していた財産や、婚姻期間中に得た財産であっても、夫婦の協力とは無関係に得た財産が該当します。
このように対象外とされる財産の具体例としては、婚姻前に会社からの給料を自己名義で少しずつ積み立てておいた銀行預金や、親の死亡にともなって引き継いだ遺産などが代表的なものといえます。
そのほかにも、妻がおしゃれ目的で購入した洋服やネックレス、ブローチなどの服飾品、夫が趣味のために購入した鉄道模型なども、常識的に考えれば夫または妻のどちらかしか使わないものであったり、または実質的にも夫または妻が個人としての名義で購入したことが明らかなものであるため、対象外とされるものの仲間に含まれるといえます。

コメントは受け付けていません。