対象になる範囲について

離婚をする際に、夫と妻双方が財産を分け与えることを「財産分与」と呼んでいますが、その対象となるのが、夫婦が共有で所有していた「共有財産」と呼ばれるものです。
「共有財産」は、夫婦が婚姻中に協力して築いた財産のことをいい、基本的には婚姻期間中に増加した財産は名目上の区別にかかわらず共有であるものとみなされます。
例えば、婚姻中に将来の生活のためにと月々の給料を積み立てていた定期預金の通帳の名義が夫のものであったとしても、これは実質的には夫婦の協力による財産ですので、「共有財産」として、分与の対象範囲に含まれることになります。
いっぽう、同じ預金でも婚姻前に夫または妻が独自に積み立てていたものは、「特有財産」といって「共有財産」とは区別され、分与の対象とはなりません。
また、婚姻中に購入した財産であっても、例えば妻のドレスや宝飾品のように、夫婦の協力とは関係なく、どちらか一方の名義にしかなり得ないようなものについては、やはり「特有財産」のなかに区分されます。夫または妻が趣味で購入した財産なども同様です。
ただし、車好きの夫が1,000万円で購入した高級車のように、常識的に考えて趣味の範囲を超えているようなものについては、「共有財産」からのお金の持ち出しと見て、分与の際に清算の対象として含めることになります。

コメントは受け付けていません。